辛い物大好きシリーズ。今回は蕎麦やうどんにかける一味唐辛子&七味唐辛子です。

そばつゆ。特に関東風の黒いそばつゆに唐辛子は、最強の組み合わせですよね。

更にいえば、ちゃんとした手打ちで出汁もしっかり取っている、由緒あるような蕎麦屋さんより、駅そば。最近は実際に立って食べる所は随分見なくなりましたが、立ち食いソバといわれる蕎麦が最強に合います。

スポンサーリンク

老舗の蕎麦屋さんの、上品で蕎麦粉の香りを楽しめるようなお店ではさすがに七味唐辛子はひとふりですが、立ち食いソバの茹でめんに下衆な出汁の場合は、唐辛子をガッツリ落とすのが美味しいですね~

下衆な出汁をごまかすかのように七味を入れるのかというとそんなことはなく、むしろ唐辛子の味を楽しみのなら、上品な蕎麦屋さんより立ち食いソバのほうが数段上な気がします。

自分の場合はまず適量落として

蕎麦,七味唐辛子,立ち食いソバ,karaisoba180705

そこから随時追加していきます。

アメトーークの

立ち食いそば芸人で言われていたように、立ち食いソバは最後に残ったつゆと、ぐじゅぐじゅになった天ぷらが一番美味しい説。

あれの段階まできたときには唐辛子で真っ赤になってしまいます。

前に車で聞いたJ-WAVEで、パーソナリティの坂倉アコさんが

「お蕎麦は唐辛子を食べにいくもの」

と言っていましたが、至極名言だと思いましたね~

更に、お店によって七味唐辛子も種類が違うから、あそこの七味は青のりが多いからイヤとか、山椒が効きすぎているからイヤとか、唐辛子にもいろいろ種類があるからそれで選んだり・・・

そば屋さんにとっては失礼な話かもしれませんが、唐辛子でお店を選ぶような、本末転倒が起こってしまっていたりもします(笑)

スポンサーリンク