去年は自分(父)と、義父(爺)にだけ渡していた4歳幼稚園児の娘が、今年は同じ幼稚園の同じクラスの男の子にプレゼントすると、張りきってチョコを作ってました。

もちろん嫁と一緒にですけどね。

4歳になる年に幼稚園に通い始めて、春過ぎに「気になる男の子(A君)が居る」とは言い出してたんですよね。

でもその子のことは、どうやら憧れらしく「初恋ではない」と言いきってたんですよ。

それとは別に、秋頃から幼稚園でよく遊ぶようになった男の子(B君)ができたらしく、今回のバレンタインのチョコはそのB君のために作ったようで…。

そのB君のことを嫁から聞いて、おっついに初恋か?と聞くと

「え~~っそんなんじゃないよぅ~~」

と、照れっ照れの4歳児。女の顔になってますがな…

ありゃ、A君はどうしたの?

「ん~もうA君はいいの」

ほうほう。

ついにはちゃんと愛の手紙を添えてプレゼントしたとか…

どうだった?と聞くと

「んー?普通に渡したよー」

と、意外とタンパクなご様子で。

ちょっと前までお約束の
「パパと結婚するー」って言ってたんですけどね。

パパと結婚するんじゃなかったの?と聞いても

「だってあたしが大人になったらパパももういい歳じゃぁん?」

と言っていましたね。

幼稚園に行くようになって、同い年の色んな子に揉まれて、気になる男の子ができてきて。

頑張って生きてるな、と思うとほっこりしました。

なにも教えなくてもちゃんと大人に近づくんだから、人間は不思議なもんですよね。

いずれは誰かと一緒になって出ていくんでしょうけど、揉まれながら、自分のことを大事にしてくれる人を見る眼を磨いて欲しいな、と思った娘4歳のバレンタインデーでした。

スポンサーリンク