boukunhabanero18070702

辛い物大好きシリーズ。今回は暴君ハバネロです。

おっさんになって自分でスナックの類を買うことは滅多になくなってしまいましたが、子供とおやつを買いに行ったときにたまたま目に入ったので、懐かしくて買ってみました。

たしか結構辛かったイメージが・・・

ということで、何気に楽しみな感じで帰宅して食べてみましたが。。

スポンサーリンク

早速開封してみると・・

boukunhabanero18070703

あれ?こんな色でしたっけ??

もっと赤かったような、、カラムーチョのイメージですかね。

なんでもいいやと食べてみましたが、、

全然辛くなくなっています…

袋には「辛さの目安」

boukunhabanero18070704

なんて書いてありますが、残念なほど辛くないです。

ピリ辛です。

前の暴君ハバネロは1袋食べきるのに、何度も水を飲む感じだった記憶がありますが・・

ハバネロってかじったりしたことはありませんが、だいぶ前にハバネロ原産と表記してある真っ赤なソースを舐めたことがありまして。

お酒の席での悪ノリだったわけですが、これがもう辛くて辛くて。辛い物好きを自負していた自分ですが、しばらくの間は氷を口に入れておかないとヒリヒリが止まらない感じでした。

そんな記憶があるからこそ、ハバネロという言葉の響きには、まさに暴君的な辛さを求めてしまうのでしょう。

だから、暴君ハバネロは辛さ的には非常に残念な感じですね。。

ただポテト系のスナックとして考えると普通においしかったですけどね。

昼間に食べたので自重しておきましたが、ビールが飲みたくなりました(笑)

▼Amazonで暴君ハバネロを探す
東ハト 暴君ハバネロ 56g×12袋

▼楽天で暴君ハバネロを探す
東ハト56g暴君ハバネロ12袋入

スポンサーリンク