前に禁酒(断酒ですけど)、こんなに眠たくなるとは思わなかったという記事を書きましたが、その続編です。

前回、月に2回は3~5日連続休刊日を作ってて体調はいたって快調。

大きな仕事が入って思い切って1ヶ月の断酒を決意!しかし2週間を超えた断酒で異常に眠い。

といった内容で書きました。

その後、きっちり1ヶ月は断酒したものの、その案件も無事終了してまた元の生活に戻ってしまいました。

解禁後の酒は1ヶ月ぶり。さぞかし美味しいだろうなと、一番好きな酒を買って飲んだんですけど、そんなに美味しいものでもなかったですね。。。

スポンサーリンク

禁煙中のタバコみたいなもので、たいして美味しくない(禁煙に関してはこれが異常に美味しいことがあるのでついつい失敗してたんですけどね)。

そんな感じだったので、もしかして生涯禁酒いけるのか?の淡い希望をもってみたりもしたんですけど、やっぱり無理。

どっちにしても付合い酒は避けることはできないので、これはこれでいいとしてひとつ問題が。

休肝日を作って酒が弱くなったのか歳のせいなのか、酒を飲むと眠たくなってしまったんですよね…

ちょっと前までは、酒を飲みながら朝まで仕事とか余裕でできてたんですけど、飲みながらやったら眠たくなる始末。朝の寝起きも悪い。

だからといって断酒を始めると、いっときのような寝覚めの良さは薄れて、これもまた眠たくて仕方がないんですよ。

断酒開始当初の初期衝動が終わったからなのか、これまた歳のせいなのか。

これにはまいってしまいました。

飲んでも眠い、やめても眠い、どうしろというのか。

この時点での選択肢は2つ。

  • 休刊日を作ることをやめる
    もしかしたらこれで元の睡眠時間にもどるかもしれない。しかし二日酔いの酷さが緩和されたりで、肝臓が回復してるのは間違いないと思われもったいない。
  • 酒をやめる
    むり

ということになって、酒を飲まない人からすると「何をバカなことを(笑)」といった感じでしょうけど、わりと真面目に八方塞りになったんですよ…

そこで試したのが

ビールを1日1~2本だけ飲む

これです!

多くの酒好きがそうであるように、一口の酒がキッカケで酩酊コースまっしぐらじゃないですか。

部屋に酒を常に置いておくと酔うまで飲むから、と焼酎やバーボンの大きいビンでの購入はやめました。

それでも酔うまで買いに行くのが酒好きの習性。

これを、1日ビール1~2本に抑えるんですよ。しかも1日のやることをすべて終えて飲む。これです!

二日酔いにはなり得なく寝起きはいい!問題解決!

今やってるのは、

平日ビール1~2本→土日飲む
平日断酒→土日飲む

の繰り返し。

これが眠気対策と、休刊日と、酒好きと、なかなかなバランスになってるように思うので、お勧めですよ!

平日に付合い酒が入ったらその週は例外、さらに平日と言っても毎度毎度月~金で抜いてるわけではないですけど(笑)

その程度でも身体に良いこと間違いなし!です!!

スポンサーリンク