18年1月23日。東京にも凄い雪が降り、そして積もりました。

ここのところ、毎年一回は積もりますね。

子供は大喜びしていますけど、おっさんになると、雪は億劫な物以外の何物でもありません。車に乗るのも躊躇してしまいますし。

そこで、雪にお湯をかけて溶かしてしまったらいいのに・・・と、いつも思ってしまいます。

雪国の人からしたらそれは絶対にダメといいますよね。

「そんな危険なことできない」

「自ら路上をスケートリンクにするようなものだ」

とか。。。

スポンサーリンク

確かに雪国や、本当に寒い地域なんかだと、溶かしても溶かしても振ってくるだろうし、溶かした雪が流れてしまう前に凍ってしまったりするだろうから、危ないのでしょう。

しかし東京のように、基本的に0°を下回ることがない地域に雪が降ったら、次の日は陽があたる場所から溶けていきます。

問題は日陰ですよね。

一日中陽があたらない場所なんかは、1週間や10日くらい平気で雪が残ります。

雪というか完全に氷になってしまっています。

陽があたらない幹線道路の歩道なんて

yuki-18012502

こんな感じ。

場所によっては、人ひとりが通るだけの幅だけ路面が出ている、なんて場所もあります。

雪が残っているところは、それこそスケートリンクのように氷でカッチカチになっていて、ツルツル滑ります。

危ないですよね。。。

だから、お店の人や、戸建ての人は、自陣の前は自分で雪かきをやっています。マンション暮らしには無縁ですが、公道なのに偉いな、と思いながら見ています。

今日もお婆さんが、金づちを持って、カッチカチになった氷を一生懸命砕いていました。

ホースをつないで、チャーっとお湯をかけ続ければ、すぐに溶けてしまうと思ってしまいます、、

確かに夜な夜なお湯を撒くのは、次の日大変なことになっているかもしれませんが、昼間に溶かし切って流してしまえば、あとは蒸発してしまうと思ってしまいますが・・・

実際のところどうなんでしょうね。

一度でいいから残った雪をシャーっと溶かしてみたいものです(笑)

スポンサーリンク